Skip to content


原発 反対せないけん via asahi.com

◆中国電力OBの被爆者 足芝さん

原発に特別な思いを持つ被爆者がいる。県原爆被害者協議会の足芝忠夫会長(85)=米子市=は、中国電力OB。原爆投下後の広島市内で、1週間程度の復旧作業中に被爆した。原発の安全神話を信じ続けてきたが、福島第一原発の事故で吹き飛んだ。「やはり放射能にはNOを突きつけたい」。6日、鳥取市内で開かれる県原爆死没者追悼・平和祈念式典で、その思いを語る。

一面、見える色は黒色だけ。残っていたのは鉄筋の建物の骨組み、横転した列車、むき出しになった石造りの風呂場と流し台。広島の街は焼け焦げていた。歩いていると、遺体の腐った臭いが鼻をついた。

続きは 原発 反対せないけん

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.