Skip to content


沖電レポートで原発表記慎重に 導入可能性「検討」→「研究」via 琉球新報

2011年7月29日  

沖縄電力(石嶺伝一郎社長)は28日発行した「環境行動レポート2011」で、原子力発電について、これまでの「導入可能性に向けた検討」のタイトル名を「研究」と変更した。記事部分でも「導入の可能性について検討している」という文言は省かれた。

続きは沖電レポートで原発表記慎重に 導入可能性「検討」→「研究」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.