エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 via 東京新聞

経済産業省資源エネルギー庁が多額の税金を使い、原発に関するメディア情報を監視してきた問題で、一般市民が発するツイッターなどネット情報を監 視する本年度の事業は、広告代理店「アサツーディ・ケイ」(ADK、東京都中央区)が約七千万円で落札・契約したことが二十七日、同庁への取材で分かっ た。

同庁によると、入札には複数の団体が参加し、事業の提案内容と入札価格を総合的に評価してADKが落札した。事業の期間は来年三月末まで。

続きはエネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約

◇ 当サイト既出関連記事:

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

4 Responses to エネ庁の原発情報監視 本年度7000万円で契約 via 東京新聞

  1. Pingback: The Atomic Age » Gov’t denies online, Twitter censorship over nuclear crisis via Japan today

  2. 匿名 says:

    エネ庁のネット監視
    リビア、エジプト、チュニジアで起きたソーシャル
    ネットワーク革命の際の独裁政権がやったことと
    同じことだと思う。

Leave a Reply

Your email address will not be published.