学者に原発マネー提供の政府機関による言い分を聞こう via NEWS ポストセブン

東京電力・福島第一原発事故の発生直後から、連日テレビに出演し、事故について解説していた学者らに対し、この5年で総額約8億円もの「原発マネー」が流れていたことをSAPIOは報じた。カネを出していたのは電力会社、原発メーカー、そして政府や独立行政法人。資金の名目は「奨学寄付金」「共同研究費」「受託研究費」の3種類がある。

資金を提供してきたうち、政府系や独立行政法人は、その理由について本誌にこう回答してきた。

続きは学者に原発マネー提供の政府機関による言い分を聞こう

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.