「母子疎開」と主体性の発露 via 日経ビジネス

震災と原発問題で変わる「情報」との向き合い方
日経ビジネス編集部 蛯谷 敏  【プロフィール】 バックナンバー2011年7月13日(水)1/3ページ
シェア
 「母子疎開」という言葉をご存知だろうか。

 福島第1原子力発電所の事故によって、今も放出され続けている放射性物質。その影響を少しでも回避するため、一時的に住まいを移す母子のことを指す。多くは、放射能汚染による健康被害に不安を覚える、関東・東北地方在住の幼い乳児を抱えた母親だ。

続きは「母子疎開」と主体性の発露

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.