『福島第1原発:自主避難「政府に不信感」南相馬に残る市民』 via 毎日jp

 「放射線量はそれほどでもないのに、自主避難と言われても……」。福島第1原発から20~30キロ圏内の住民に自主避難が勧告されて一夜明けた26日、福島県南相馬市では依然、約1万人が圏内で日常生活を続けている。深刻な物資不足が続く中、残った人たちの政府への不信感は深まる一方だ。【平野光芳、阿部周一、平川昌範】

続きは『福島第1原発:自主避難「政府に不信感」南相馬に残る市民』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.