『放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委』 via 毎日jp

2011年3月25日 22時42分

 食品や飲料水に含まれる放射性物質について、内閣府の食品安全委員会は25日、暫定規制値の根拠となっている健康への安全性の許容範囲を広げる方針を固めた。これを受け、厚生労働省は現在より緩やかな規制値を策定する見通し。暫定規制値は厚労省が17日に急きょ策定。原子力安全委員会の「飲食物摂取制限に関する指標」を用い、水や食品から1年間に摂取するヨウ素を50ミリシーベルト以下、セシウムを5ミリシーベルト以下としている。【小島正美、中西拓司】

『放射性物質:食品や飲料水、規制値緩和へ 食品安全委』

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.