『「特攻隊…」ヨウ素飲ませ覚悟の命令 放水支援の大阪市消防局』 via 産経ニュース

 東京電力福島第1原子力発電所で東京消防庁の放水活動を支援した大阪市消防局の幹部隊員3人が24日、同市役所で会見。現場に突入する隊員に、放射性物質の体内蓄積をある程度防ぐ「ヨウ素剤」を自ら飲ませたエピソードなどを披露し、「自分が代わりたかった」と危険な任務を命じた苦しい心境を吐露した。

続きは『「特攻隊…」ヨウ素飲ませ覚悟の命令 放水支援の大阪市消防局』から。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.