Skip to content


内臓を切るってのは痛いね via 原子力都市と海賊 矢部史郎のノート

今日、名古屋大学病院から退院。

4月23日の手術から約一週間、病院にいたわけだが、留置場に三週間勾留されたときより辛かった。

闘病ということの壮絶さを垣間見た気がする。私の場合は良性腫瘍の摘出だったから、闘病というほどのものでもないのだが、それでも内蔵を切るというのは痛い。こんなに痛いとは思わなかった。

[...]

被曝による健康被害を議論するなかで、「ガンは日本人の三人に一人はかかるありふれた病気だ」という人がいる。
で、それが、なんなのか。
そんな超然とした言い方をして、理性が身体を克服したかのように振る舞うのは、まったく馬鹿げた錯覚だ。人間は身体を生きて、痛みを生きているのだから。痛いものは痛いし、涙が出るほど辛いのだ。

全文は 内臓を切るってのは痛いね

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.