Skip to content


核実験の地マーシャル諸島、除染進む via Yomiuri online

米ソ冷戦時代の1945年〜58年、米国がけい67回の核実験を行ったマーシャル諸島共和国のビキニ環礁とエニウェトク環礁、8月末、最後の実験から半世紀以上を経た同国を訪ねた。

続きは核実験の地マーシャル諸島、除染進む

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    「除染進む」と言えば前向きだけど、半世紀以上を経て尚、除染が必要、ということ。そして、どんな除染をしても、「想定内」の健康に害がない程度までにしかならない。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.