Skip to content


九電やらせメール「きっかけは佐賀知事会談」と第三者委 via asahi.com

「やらせメール」などの問題を調べている九州電力の第三者委員会の郷原信郎委員長(名城大教授、弁護士)は30日、福岡市で会見し、佐賀県の古川康知事と前副社長ら幹部が会談したことが、やらせメールのきっかけになったことを明らかにした。

九電幹部が作成したメモによると、古川知事は国主催の玄海原発(佐賀県玄海町)の説明番組について「インターネットを通じて賛成意見も集まるようにしてほしい」と要請していたという。メモの内容は電子メールで社内の複数の関係者に配られたという。

九電側は古川知事の意向を受けて「賛成の声がもっと表に出るようネットを活用するべきだ」との認識を社内で共有。組織的なやらせの指示につながっていっ たとみられる。郷原氏の聞き取りに古川知事は、メモに書いてあるような「賛成意見の要請」はしていないと、述べたという。

続きは九電やらせメール「きっかけは佐賀知事会談」と第三者委

◇ 関連記事:

佐賀知事「経済界から声を」 やらせメール問題 九電幹部に発言、会見し釈明 via 西日本新聞

◇ 当サイト既出関連記事:

経産相、第三者委で8月中に調査 保安院“やらせ”で via 東京新聞

Chubu Says Japan Regulator Sought to Sway Public on Atomic Power via Bloomberg

Posted in *日本語.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.