Skip to content


原子力安全・保安院、技術者不足の懸念から4月に被ばく規制の運用見直しを要請 via FNNニュース

原子力安全・保安院は、福島第1原子力発電所の復旧作業で、原発の技術者が大幅に不足するおそれがあるとして、厚生労働省に2011年4月、被ばく規制の運用見直しを要請していたことを明らかにした。
保安院が28日に公開した文書では、福島第1原発での作業により、被ばく線量が50ミリシーベルト(mSv)以上となる技術者がおよそ1,600人、100ミリシーベルト以上をおよそ320人と試算している。
◇ 英文記事:
1,600 workers projected over radiation limit via The Japan Times online

 

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. The Atomic Age » 1,600 workers projected over radiation limit via The Japan Times online linked to this post on 2011/07/29

    [...] ・原子力安全・保安院、技術者不足の懸念から4月に被ばく規制の運用見直し… via FNNニュース [...]



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.