Skip to content


脱原発めぐり揺れる保守論壇 via asahi.com

脱原発をめぐり、保守論壇が揺れている。

「新しい歴史教科書をつくる会」の初代会長を務めた保守派の評論家・西尾幹二は、月刊誌「WiLL」7月号に「脱原発こそ国家永続の道」と題した論文を発表。「国土は民族遺産である。汚染と侵害は許されない」と保守派らしい言いまわしで、脱原発派への「転向」を宣言した。

保守論壇の大勢は、なお原発推進だ。産経新聞社は社説で原発推進を堅持している。西尾は、間もなく原子力の安全神話が再び言論界を覆うだろうと予測し、「産経新聞は懲りずにすでにそうである」(同誌8月号)と手厳しい。

続きは 脱原発めぐり揺れる保守論壇

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


2 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    こうしたニュース、貴重ですね。掲載ありがとう。

  2. yutakarlson says

    【韓国中央日報社説】日本民主党のポピュリズム公約謝罪を反面教師に―【私の論評】ポピュリズムは最悪だ!!
    ブログ名:「Funny Resturant 犬とレストランとイタリア料理」
    こんにちは。韓国中央日報社説で、日本民主党のバラマキなどのポピュリズム公約謝罪を反面教師にというものが掲載されました。民主党は、菅さんはじめ、親韓的な方が数多くいらっしゃいますが、その韓国のメディアですら、民主党のポピュリズムを批判しています。日本国民の多くも、ポピュリズムやポピュリストには辟易しているのではないかと思います。私は、こうしたことをきっかけに日本国民の政治に対する成熟度が高まってもらいたいと願うばかりです。しかしまだ、油断はできません。原発事故以降の「脱原発世論」に乗って、自らの延命を図ろうとしている菅首相。電力の安定供給が脅かされることが国家にとってどれほど危険な事であるのか、そして「脱原発 解散」をちらつかせて政治を停滞させる事がどれほど責任感を欠いた行為であるのか!わたしのブログでは、この愚行に乗せられないよう、改めて警鐘を鳴らしました。詳細は、是非私のブログを御覧になってください。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.