Skip to content


福島ミエルカプロジェクト:福島県大熊町から新潟県に避難した大賀あや子さん via FoEミエルカプロジェクト

福島第一原発事故からまもなく9年半たちます。事故による痛みや苦しみ、事故
により失われたもの、事故により負わされたもの、それでも立ち上がろうとする
人たち…。 FoE Japanは、原発事故被害の「見える化プロジェクト」の一環とし
て、こうした人たちのインタビュー映像を制作し、公開しています。

今回は、福島県大熊町から新潟県に避難した大賀あや子さんのお話です。チェル
ノブイリ原発事故後に原発の危険性を認識し、脱原発運動に参加するようになっ
た大賀さん。福島第2原発の事故などもあり、福島に通ううち、福島のすばらし
さにほれこんで、移住を決意。「原発がなければ、いや、原発があってもなんて
いいところなんだろう」と思ったそうです。農業を学び、友人の建築士に依頼し、
阿武隈山地の木材をつかったこだわりの家を建てました。その家に入居する直前
にあの事故が起こったのです。2013年末、新潟県に避難した大賀さんは「もう最
初の春がすごい幸せで、もう見るもの、触れるもの、全てが大丈夫なんだ」と感
じたそうです。それだけ、原発事故後の生活は苦しいものでした。2020年3月に
大熊町の一部で避難解除されましたが…。ぜひ、大賀さんの話をおききください。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.