Skip to content


再開した表現の不自由展 福島の若者らが叫ぶ映像作品が物議 「被爆最高」「放射能最高」との言葉も via ニコニコニュース

8日に再開した「あいちトリエンナーレ2019」の「表現の不自由展・その後」に展示されている映像作品「気合い100連発」に対し、反発や支持する声が多数寄せられ物議を醸している。

「気合い100連発」は、東日本大震災被災地福島県相馬市2011年5月に撮影されたアーティストユニット「Chim↑Pom(チンポム)」の作品。「Chim↑Pom」のメンバー相馬市の若者ら10人は、円陣を組んで順番に思い思いの気合いの言葉を叫んでいく。その内容は、「復興がんばるぞ」「東北負けるな」「日本最高」「放射能に負けないよ」といった復興への意気込みや、「車欲しい」「彼女欲しい」といった若者らしいもの。しかし、作品の終盤には「被爆最高」「放射能最高」「もうちょっと浴びたいよ」という叫びもあり、ネットには「東北揶揄」「反日」「ヘイト」といった反発の声があがっている。

(略)

また、過去のインタビューでは、「反原発とか推進とか、政治的な立場はまったく取ってない。ただ、被災当時の若者たちのエネルギーをそのまま単純に映し出した作品」「地元の子たちも盛り上がって、徐々にポジティブになっていく。『車欲しい』とか『彼女欲しい』とかボケ始め、最後は『放射能最高!』と叫びだしたんです」と解説している。

こうした背景があることから、「『周りに放射能?最高じゃねえか』ってある意味悲痛な開き直りだろう」「一部の切り取られた部分だけをまとめサイトで拡散されて、その部分だけを見て感情的に怒ってる人が多い」と、作品に理解を示す声も寄せられている。

全文は再開した表現の不自由展 福島の若者らが叫ぶ映像作品が物議 「被爆最高」「放射能最高」との言葉も

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.