Skip to content


「原発事故から8年 福島における小児甲状腺がんの多発」via チェルノブイリ子ども基金/未来の福島こども基金

講演 崎山比早子さん
「原発事故から8年 福島における小児甲状腺がんの多発」
http://ccfj.la.coocan.jp/saishin.html

>>4月21日(日)
19:00~21:00 (開場18:30)
>>ココネリホール(練馬区立区民・産業プラザ3F)
(西武池袋線・西武有楽町線・都営地下鉄大江戸線「練馬駅」北口徒歩1分)
http://coconeri.jp/access.html

>>入場料 予約800円/当日1000円 (全席自由) 定員 300名
※予約受付は4/18(木)午後3時まで。定員になり次第お申し込みを締め切ります。

 事故現場には危険が一杯。
それなのに政府は有害無益な除染を行い、避難指示を解除、20mSv帰還政策を強行し、小児甲状腺がんは数十倍に多発していても被ばくとの関係は考えにくい、という。
市民はなにをすべきか?

<支援活動の報告>
◆「チェルノブイリ子ども基金」事務局長 佐々木真理 
◆「未来の福島こども基金」代表 黒部信一
♪フルート演奏 吉原りえ

☆収益は、チェルノブイリと福島の原発事故で被災した子どもたちの救援金にあてられえます。

<主催>チェルノブイリ子ども基金/未来の福島こども基金
<お問い合わせ・お申し込み先> チェルノブイリ子ども基金

〒177-0041 東京都練馬区石神井町3-16-15-408
TEL/FAX 03-6767-8808 E-mail cherno1986@jcom.zaq.ne.jp

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.