Skip to content


初当選の花角氏「新潟県独自の原発検証作業続ける」via 朝日新聞

新潟県知事選で10日、前海上保安庁次長の花角英世氏(60)=自民、公明支持=が初当選を決めた。花角氏の支持者ら約250人が集まった新潟市中央区のホテルでは同日午後10時半ごろ、花角氏の当選確実の知らせが届き、大きな歓声と拍手がわいた。

(略)

東京電力柏崎刈羽原発(同県柏崎市刈羽村)については「県独自の検証委員会が動いている。しっかりと検証作業を続け、結果を踏まえてリーダーとして判断する」との考えを示した。勝手連の女性も登壇し、「選挙の経験もない中、一生懸命がんばった。(花角氏に)これから新潟県を託してがんばってもらいたい」と期待を込めた。

一方、敗れた元県議の池田千賀子氏(57)=立憲、国民、共産、自由、社民推薦=は新潟市中央区のホテルで約100人の支持者らにあいさつ。「当選できなかったことはひとえに私の力不足」。原発再稼働については「多くの県民のみなさまから不安の声を聞いた。花角氏は『原発ゼロ』を掲げて戦ってきたので、私も注視したい」。終始笑顔で話したが、支持者から花束を渡されると目頭を押さえた。

全文は初当選の花角氏「新潟県独自の原発検証作業続ける」

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.