Skip to content


天福ノ島よ 東京版 映像と短篇演劇 

 

 

映像×短編演劇×トーク によって過去と現在を結ぶ2時間30分

福島が自由民権運動の地だったことを

知っていますか?

2017年10月に福島・猪苗代町、2018年1月に三春町で上演した福島発の演劇『天福ノ島(てんぷくのしま)』。

このたび、公演の記録映像の上映と、その本編に関連する短編のお芝居の上演によって、

東京で『天福ノ島』に挑みます。各回終了後には、ゲストをお呼びしてのトークも行います。

福島が、自由民権運動の非常に盛んな土地であったことを知っていますか?

板垣退助を生んだ土佐と並べて「西の土佐、東の福島」と言われたそうです。

そのとき新しい時代の到来に心を焦がし、演説会の壇上へ、そしてやがて

激化事件の渦中へと身を投じていったのは、当時まだ10代の若き民権家たちでした。

そんな過渡期に生きる若者たちと女性たちを描く『天福ノ島』には、

福島自由民権運動を牽引した河野広中の甥の河野広体、

東北初の政治雑誌「三陽雑誌」を発刊した琴田岩松、

福島事件で最年少の国事犯として拘引された関根常吉の3人が登場します。

映像と、演劇と、言葉によって、過去と現在を結ぶ、2時間30分。

彼らが夢見た未来に、いま私たちは生きていますか?

CAST

 

鈴木健也、鈴木七恵、鈴木勇也、千葉乙寧、鈴木麻菜、鈴木文子、柳沼由恵、鈴木碧

STAFF

 

【脚本・演出】大野沙亜耶

【振り付け】國友悠一朗、國友麻ゆみ

【照明】森川敬子

【企画制作】NPOはっぴーあいらんど☆ネットワーク

【​協力】遊舞炎舞/SUGA JAZZ DANCE STUDIO IZANAI

DATE

 

2018年 7月

7日(土)14:00|18:30

8日(日)13:00(全3回)

​※受付は開演の1時間前、開場は開演の30分前です。

詳細はこちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.