Skip to content


放射線測定、4000回不具合 監視装置8割撤去へ via 毎日新聞

東京電力福島第1原発事故の後、福島県に設置された約3000台の放射線監視装置(モニタリングポスト)について、全面運用を始めた2013年度から5年間で、破損や故障などの不具合が計4000回近くに上ることが関係者への取材で分かった。

(略)

運用が始まった13年度以降、実際の放射線量とは異なる高い数値を表示していたり、データ送信ができなかったりする不具合が計3955回起きたという。その度にメーカーや警備会社が対応した。

 モニタリングポストを管理する規制委は、一部地域で放射線量が下がり安定していることを理由に、20年度末までに約8割を撤去する方針。住民からは「安全や健康を軽視している」との不満が出ている。(共同)

全文は放射線測定、4000回不具合 監視装置8割撤去へ 

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.