Skip to content


6月総会で脱原発提案へ、四国電の個人株主ら via 産経WEST

四国電力(高松市)の個人株主らでつくる「未来を考える脱原発四電株主会」(事務局・徳島市)は27日、高松市で記者会見し、原発からの撤退や佐伯勇人社長らの解任を求める4議案を、6月27日に開催予定の四国電の株主総会で提案すると発表した。

四国電は既に伊方原発1、2号機(愛媛県伊方町)の廃炉を決定。3号機は昨年12月の広島高裁による運転差し止め仮処分決定を受け、停止中だ。

(略)

議案提案には3万株が必要。同会は約13万1800株を全国の株主127人から集めたという。過去にも同様の株主提案を12回しているが、いずれも否決されている。

全文は6月総会で脱原発提案へ、四国電の個人株主ら

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.