Skip to content


脱原発団体 使用済み核燃料「中間貯蔵施設拒否を」 町長に申し入れ /和歌山 via 毎日新聞

脱原発を訴える京都、大阪、兵庫各府県の市民団体でつくる「避難計画を案ずる関西連絡会」は16日、白浜町役場を訪れ、原発の使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の受け入れ拒否を表明するよう井澗誠町長に申し入れた。

(略)

 「美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会」の小山英之代表らは、関電が同町日置川地区に土地を所有し、現地の職員を増員していることなどを挙げ「計画地とされる可能性が高いと考えられる」として、あらかじめ拒否する意思を示すよう求めた。

 井澗町長は「国が責任を持って進める課題。具体的な申し入れがないのでコメントしようがない」と、明言を避けた。【藤田宰司】

全文は脱原発団体 使用済み核燃料「中間貯蔵施設拒否を」 町長に申し入れ /和歌山

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.