Skip to content


三反園知事の行動「稚拙だ」 市民批判 via 西日本新聞

 「議会で述べた通り」。22日の鹿児島県議会の答弁で、川内原発(同県薩摩川内市)1号機を安全と判断した三反園訓知事は、答弁以上の説明をしなかった。言葉を尽くさない三反園知事の姿勢に、反原発の市民や識者は「逃げている」と批判する一方、容認派からも不満の声が聞かれた。

原発の安全性などを検証する専門委員会が、2度の会合を経て提出した意見書を受けて「私なりの判断」を示すとしていた知事。判断を説明する言葉は「(九電に)強い対応を取る必要はない」だけだった。

脱原発で政策合意し、知事選出馬を取りやめた反原発団体の平良行雄代表は「稼働を認めるのにはっきり言わず、ひきょう。脱原発の思いを託した県民を愚弄(ぐろう)している」。吉岡斉九州大大学院教授(原子力政策)は「あたふたとまとめた意見書を基に判断するのは早計だ。九電への停止要請を含め一連の行動はあまりにも稚拙だ」と指摘した。

続きは 三反園知事の行動「稚拙だ」 市民批判

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.