Skip to content


福島第1原発80キロ圏、放射線量71%減 via 日本経済新聞

 原子力規制委員会は14日までに、東京電力福島第1原発事故発生から5年7カ月後の昨年10月時点の原発半径80キロ圏の放射線量分布マップを公表した。比較可能な2011年11月時点のデータと比べると、放射線量は71%減少した。

規制委によると、原発から北西方向に広がっていた年間追加被ばく線量で100ミリシーベルトに相当する「毎時19マイクロシーベルト超」の地域は事故直後から大きく減少。福島県北部から南西方向に延びていた0.5~1.9マイクロシーベルトの地域でも線量が下がっていた。

[…]

 

 

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. nfield says

    そもそも半径00キロ圏という捉え方がいかに役立たずであるか、だいぶ前にはっきりしたことではないだろうか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.