Skip to content


停止中の浜岡原発配管に微小な穴 中部電、放射性物質の漏えいなしvia 京都新聞

中部電力は1日、運転停止中の浜岡原発5号機(静岡県御前崎市)のタービン建屋地下1階で、放射性物質を含む水を流す配管に微小な穴が開いていたと発表した。水が染み出ていたが、外部への放射性物質の漏えいはないとしている。

5号機は2011年5月、停止作業中に原子炉に海水が流入する事故があった。事故後全ての水を抜き、現在は代わりに放射性物質を含まない水で満たしてあるという。

[…]

 

全文を読む。

Posted in *日本語.

Tagged with .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.