原発事故避難でいじめ どこまで踏み込んで検証かviaNHK

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、当時の対応を検証する検討委員会は、ことし3月までに結果をまとめることにしていますが、関係者の聞き取りの進め方など具体的な方法は決まっておらず、どこまで踏み込んだ検証が行われるのか注目されます。

[…]

関係者への聞き取りについて、委員会内には「必要があれば行うが、これまでの資料で事実関係を確認するだけで十分だ」という意見もあり、聞き取りの対象を含めた具体的な検証方法は決まっていません。

一方で生徒側は「真相を究明する姿勢で検証してほしい」として、いじめと認めなかった経緯を明らかにするために、関係者への聞き取りを強く求めていて、どこまで踏み込んだ検証が行われるのか注目されます。

 

 

もっと読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.