放射能拡散抑止設備に損傷=津波影響か、福島第1港湾内 via Jiji.com

東京電力は22日、福島県沖を震源とする地震と津波の影響を調査した結果、福島第1原発港湾内で放射性物質が拡散するのを抑止するために設置したフェンス2カ所で損傷が見つかったと発表した。津波の影響と考えられ、復旧作業を実施するという。

続きは放射能拡散抑止設備に損傷=津波影響か、福島第1港湾内

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.