Skip to content


稼働1年延長の意向 富岡の減容化施設で環境省 via 福島民報

 環境省は13日、富岡町の仮設減容化施設の稼働期間を平成28年度末から1年間延長する意向を郡山市で開かれた町政懇談会で示した。
施設は町内での家屋解体に伴う廃材や除染廃棄物などを焼却処理する。同省によると、町内では約1600件の家屋解体の申請があるが、完了は27年度までに約500件にとどまっている。28年度は約800件を解体する見通しだが、残る約300件の年度内解体完了は厳しい見通しだ。同省は稼働期間の延長は避けられないとして、約30人の地権者と借地期間の延長を協議する。
◇  ◇
町政懇談会では、政府の担当者が町内の避難指示解除準備、居住制限両区域の避難指示解除時期を平成29年1月とする案を改めて示した。町は同年4月の解除を目指すとしており、町民から「1月までわずかの期間しかないのに政府の説明は唐突すぎる」「除染しても放射線量は下がっておらず、解除は時期尚早」などの意見が出た。

続きは稼働1年延長の意向 富岡の減容化施設で環境省

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.