Skip to content


日本大使館前で福島避難者へ――カナダ市民が連帯表明 via 週刊金曜日

10月13日午後、カナダの首都オタワにある日本大使館前で、カナダ市民約350人が福島第一原発事故による放射能汚染からの避難者への連帯を表明し、来年3月末に予定されている、避難者への住宅支援打ち切りに抗議するデモを行なった。

この日は、今、エクアドルで開催中の世界住宅フォーラムに合わせて、FRAPRU(都市再開発における民衆行動戦線)というケベック州の住宅問題NPOが連携団体と共に首都の首相官邸前に集結し、“まともな住宅に住むのは人間の基本的な権利である。その為には低家賃の社会住宅、協同組合型住宅への予算を大幅に増額せよ”という要請行動をする日であった。

モントリオールからは、貸し切りバス5台に分乗した人が参加した。官邸前で賑やかな要請行動を行なった後、2キロメートル程離れた、日本大使館まで、全員でデモしながら歩いた。日本大使館前での抗議行動はFRAPRUが、この夏の世界社会フォーラムで住宅、土地部門を担当したから実現したことだ。フォーラムで、福島からの避難者が日本の現状を話したことで、住宅部門の合意事項として、原発事故避難者への連帯を決定した。それを具体化したのがこの抗議行動だ。

(略)

日本人参加者が「脱被ばく実現ネット」からのメッセージの英仏訳を読み上げた。最後はFRAPRUの用意した、仏語のコールを全員で何回も唱和した。“戻るな福島! 守れ住む場所!”“避難者に必要なのは、屋根と健康!”“福島に帰すことは、死を意味するんだ、殺人なんだ”“日本でも、カナダでも、住む場所持つのは、人間の権利!”――この一連の抗議行動で、福島問題に関心を持った参加者が、私たちのポスターを読みに来たり、チラシを貰いに来たり、質問や意見交換に来たりした。

日本人が3人しか参加しなかったのが残念であったが、「住宅問題を闘っている」という、ただ一つの共通項で、FRAPRUが350人もの人を動員した抗議行動を展開したことに目を見張る思いだった。

全文は日本大使館前で福島避難者へ――カナダ市民が連帯表明

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.