Skip to content


敦賀2号で1次冷却水漏れ 1リットル、周辺に影響なし via 中日新聞

 日本原子力発電は1日、敦賀原発2号機(福井県敦賀市)の原子炉格納容器内で、1次冷却水漏れがあったと明らかにした。漏れた水は約1リットルと推定され、ごく微量の放射性物質が検出された。日本原電は「周辺への影響はない」としている。

日本原電によると、10月8日、巡視中の運転員が原子炉の水位を測定する機器の点検用の栓に、ホウ酸の固まりが付着しているのを見つけた。隙間から漏れた冷却水が蒸発したとみられ、約100ベクレルの放射性物質が検出された。

続きは敦賀2号で1次冷却水漏れ 1リットル、周辺に影響なし

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.