Skip to content


「250キロ圏内にある原発の廃炉を電力会社に申し入れる」鳥越候補via BLOGOS

鳥越俊太郎東京都知事候補は25日夜、北区の北とぴあホールで演説会を開催。「東京都民の命と安全を守るため、250キロ圏内にある原発の停止と廃炉を電力会社に申し入れる」と宣言した。
鳥越候補は、「住んでよし、働いてよし、学んでよし、環境によし」の東京の実現に加え、(1)平和を守る(2)憲法を守る(3)非核都市宣言――の3つを公約として掲げるとし、非核都市宣言では、核兵器のみならず原発についても「人間の手に負えないものだ」としてその対象とする考えを明示。「東京都民の命と安全を守る意味を込め、震災に備えて東京から250キロ圏内にある原発の停止と廃炉を電力会社に申し入れる」「東京から250キロ圏内にある東京電力福島第1、第2原発、新潟の柏崎刈羽原発、静岡の浜岡原発の5つは2011年5月に浜岡原発を停止して以来1基も動いていないが、電力不足で困ったことはない。なくても暮らしていける」と宣言した。

 最後に、「私は強い者、権力者の立場でなく抵抗の姿勢で臨む。常に弱い人、困っている人、問題を抱えた人の立場に立ってものを考え行動をしていく」と決意を表明。弱者の目線、視点は他の候補には絶対ないものだと訴えた。
 演説会には、民進党の山尾志桜里政務調査会長、共産党の小池晃書記局長、生活の党の青木愛参院議員、社民党の福島瑞穂副党首らが応援弁士として参加。山尾政調会長は、保育園の待機児童問題を一例に、すでに基礎自治体はプログラムを作っているにもかかわらず「基礎自治体にプログラムを作ってもらう」と言っている増田候補を「私は何もしない路線」、小池候補を「規制緩和、空き家を使う詰め込み保育路線」だと断じ、「今回『待機児童ゼロ』と一緒に『保育事故ゼロ』をしっかりと掲げ、ただ子どもを預ける場所があればいいのではなく、子どもをしっかり安全で安心して預けられる環境が必要だと主張しているのは鳥越さんしかいない。『困った』を希望に変える鳥越さんと、『困った』を迷惑と切り捨てる他の2人とを一緒にされては困る」と鳥越候補への支援を呼びかけた。

[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.