Skip to content


福島で研究をしていた琉球大学の野原千代さんが昨晩亡くなられたそうですvia みんなの日記

福島原発事故の後ヤマトシジミへの被曝の影響を研究されていた野原千代さんが昨晩亡くなられたそうです。  

福一事故による自然界への被曝影響を研究している化学者の六人目の犠牲者らしい。

原発事故のチョウへの影響、スイスでの講演発表が大反響   

日本で最も繁栄しているチョウ、ヤマトシジミ。福島第一原発事故のこのチョウへの影響を共同研究した琉球大学院生の野原千代さんが11月29日、ジュネーブで開催されたシンポジウム「放射線の遺伝子への影響」で講演し、大反響を呼んだ。この研究は2012年の発表当時にスイスのメディアでも大きく取り上げられている。

「福島県からは全員避難してほしいです。
軽視できるリスクではありません。
それにやり直しの効かないリスクです。
お母さん方が後で福島に残ったことを後悔するような
ことになってほしくないです。
それが私が調査を続けている動機です。」

全文を読む。

千代さんのことviaおしどりチャンネル

[…]
「私が余命1年だったら『余命1年の会』を結成して、命がけの抗議をやろうと思うの。
でも、私は余命1年じゃないから、この被ばくの研究を命がけでしようと思ったの。」
娘たちにもそう話した、とおっしゃってました。

********

でもね、去年、名古屋のホテルで、夜通し喋っていたときにした約束、千代さん覚えてる?
絶対に生き延びよう、って。
どれだけ知ってても調べてても、生き残らなくては意味がないって。
広島の原爆で生き残られた、肥田舜太郎先生みたいに、生き延びて伝えなくちゃダメだって。

********

[…]
千代さんの被ばくと蝶の研究は素晴らしく、山本太郎議員が国会での質問にも使っていました。
そのときに、千代さんからレクを受けて(あ、それこそ名古屋のホテルで一晩中聞いたんだった)
山本太郎議員に話をして。

そのときの書き起こしをはっておきます。下記。

千代さんのFacebookの最後の投稿は、10月14日のもの。
岡山大学の津田敏秀先生が小児甲状腺がんの、論文の報告を海外特派員協会でされた記事をシェアして
「津田先生は、本当に率直、真っ正直な方です」
とコメント。

千代さんも同じだよ! 
いつもいつも、原発事故の汚染と未来と子どもたちのことを心配してた。
「だって原発事故があったのに、なんで、みんなわからないの?
決定的な何かがたくさん出てくるまで、わからないっていうの??」

腎臓がお悪くて、7月8月はお一人で用も足せなくなっていた、と伺ったけれど、
そんなに苦しくても、最後まで、原発事故と子どもたちのことを考え続けた千代さん。
[…]

The biological impacts of the Fukushima nuclear accident on the pale grass blue butterfly via Scientific Reports

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.