Skip to content


独エネ最大手エーオン、南部の原発停止 稼働は残り8基に via 日本経済新聞

【フランクフルト=加藤貴行】ドイツのエネルギー最大手エーオンは28日、同国南部バイエルン州の原子力発電所の稼働を27日深夜に停止したと発表 した。ドイツ政府は2011年の東京電力福島第1原発事故を受け、22年末までの国内の脱原発方針を決めている。原発停止は事故直後の11年に旧式など8 基を停止して以来で、ドイツ国内で稼働中の原発は残り8基となった。

今回停止したグラーフェンラインフェルト原発は1981年に運転を始め、稼働している原発では最も古かった。エーオンは当初、15年末までに停止する方針だったが、核燃料税の支払いで経済性も低下しているとして半年ほど前倒しした。

続きは独エネ最大手エーオン、南部の原発停止 稼働は残り8基に

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.