Skip to content


戦争と平和を映画で見つめ直す 広島県内12館で高校生以下を招待 via 産経ニュース

被爆70年にちなみ、県内12の映画館が7~8月、「戦争と平和」をテーマにした映画を上映し、高校生以下を無料招待することに なり、広島市役所で行った会見で概要を発表した。平和の大切さや被爆体験を次世代に伝えると同時に、大スクリーンで映画の魅力を知ってもらう試み。

上映作品は広島出身の新藤兼人監督の「原爆の子」をはじめ、「聯合艦隊司令長官 山本五十六」「おかあさんの木」「あの日の声を探して」などの7本。

7月11日~8月25日に各館が1作品を1回だけ上映する。「野火」を上映するシネマ尾道(尾道市)と福山駅前シネマモード(福山市)では塚本晋也監督、 「ヒロシマ・ナガサキダウンロード」を上映する横川シネマ(広島市西区)では竹田信平監督がそれぞれ舞台あいさつ。「アオギリにたくして」のサロンシネマ (広島市中区)でも中村里美プロデューサーと伊藤茂利音楽監督があいさつする。

(略)

無料招待は先着順で、各劇場に往復はがきで申し込む。問い合わせは県興行生活衛生同業組合(電)082・293・9919へ。

全文は戦争と平和を映画で見つめ直す 広島県内12館で高校生以下を招待

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.