イスラエル原発で、放射能爆弾の実験 via Iran Japanese Radio

シオニスト政権イスラエルの新聞ハーレツが、同政権は、ネゲブ砂漠のディモナ核施設で、放射性物資を含む爆弾の実験を行った、と報じました。

ハーレツは、ディモナ原発は、ネゲブ砂漠や原発に属する機関で放射能爆弾の実験を行っており、この爆弾の影響を調べようとしている、としました。

この新聞によりますと、2012年に始まり、昨年終了したこれらの実験の目的は、環境へのダーティーボム(汚い爆弾)と類似する爆弾の影響を知ることにあり、500グラムから25キロまでの爆弾に関する計画の枠内で実験された、ということです。

ハーレツは、さらに、「これに関して20発の爆弾の実験が行われ、製薬部門で使用されているテクネチウム99の放射性物質がそれらに加えられた。さらに、爆弾の爆発力と放射能をはかるための超小型飛行機など、原発のすべての技術が使用されていた」としています。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.