Skip to content


子どもは空間線量の8割被ばく 原発事故、放医研が推計発表 via 北海道新聞

放射線医学総合研究所と日本原子力研究開発機構は16日、東京電力福島第1原発事故に伴う避難住民の帰還に向けて個人被ばく線量の特性を調べた結果、子どもの場合、外部被ばく線量は空間線量の8割程度となると発表した。

 昨年4月に発表した研究で成人の場合は空間線量の7割としていたが、子どもの場合、体の厚みがなく遮蔽効果が低いため透過する線量が多く、成人より空間線量の影響を受けやすいことが裏付けられた。
[…]

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    そして、帰還するしかない住民は、この知識をもって、なにをすべき、というのでしょう。やはり「自己責任」ですか。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.