Daily Archives: 2015/03/24

30年以降、新増設も=「縮原発」を転換—同友会提言 via The Wall Street Journal

経済同友会は24日、原発の中長期的な在り方に関する提言を発表した。「相当期間、原子力を重 要なベースロード電源として活用する必要がある」と明記。既存原発の多くが廃炉時期を迎える2030年以降については、建て替えや新・増設も選択肢として 検討するよう主張している。 東日本大震災の発生直後、同友会は「原発の新設を国民 が受け入れる可能性は低い」(長谷川閑史代表幹事)などとして、原発依存度を徐々に減らす「縮原発」を掲げた。しかし、提言では (略)事実上、方針転換した。 全文は 30年以降、新増設も=「縮原発」を転換—同友会提言  関連記事: 30年時点の原発比率「20%が下限」 同友会提言 via 日本経済新聞

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments

原発事故を「バベルの塔」になぞらえ警鐘 ローマ法王 via 朝日新聞

ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は20日、バチカン(ローマ法王庁)で日本カトリック司教団と会談し、東日本大震災で起きた福島第一原発事故などを旧約聖書の「バベルの塔」になぞらえ、人間の思い上がりが文明の破壊を招くと警鐘を鳴らした。 司教団の岡田武夫・東京大司教な どによると、法王は「人間が思い上がり、恣意(しい)的な動機で自分に都合のいい社会を作ってしまう。自分のためになると思ってしたことが自分を破壊する 結果になっている」と指摘。文明を破壊する最たるものとして兵器の製造・輸出を挙げ、「そこが莫大(ばくだい)な富を得ているのが問題だ」と述べた。 司教団は2月、戦後70年のメッセージを発表し、戦時下で起きた人道に反する罪の歴史を否定する動きや、集団的自衛権の行使容認により事実上憲法9条を変えようとする政治の流れに懸念を表明。 続きは原発事故を「バベルの塔」になぞらえ警鐘 ローマ法王

Posted in *日本語 | Tagged , | Leave a comment