Skip to content


30年以降、新増設も=「縮原発」を転換—同友会提言 via The Wall Street Journal

経済同友会は24日、原発の中長期的な在り方に関する提言を発表した。「相当期間、原子力を重 要なベースロード電源として活用する必要がある」と明記。既存原発の多くが廃炉時期を迎える2030年以降については、建て替えや新・増設も選択肢として 検討するよう主張している。

東日本大震災の発生直後、同友会は「原発の新設を国民 が受け入れる可能性は低い」(長谷川閑史代表幹事)などとして、原発依存度を徐々に減らす「縮原発」を掲げた。しかし、提言では (略)事実上、方針転換した。

全文は 30年以降、新増設も=「縮原発」を転換—同友会提言 

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.