茨城県議選 村上元東海村長 「原発議論ない」 候補者応援で非難 via 東京新聞

元東海村長で脱原発をめざす首長会議世話人の村上達也氏が八日、県議選の候補者を応援するため水戸市内で演説し、「日本原子力発電東海第二原発の今後について自民も民主も口をつぐみ、まったく議論されていない」と、争点にしようとしない政党の姿勢を非難した。

 村上氏は、原発による発電事業を「事故を起こせば想像を絶する賠償が生じる。保険会社が引き受けない異常な産業」と痛烈に批判。再稼働に向けた動きを「莫大(ばくだい)な安全対策費を電気料金に上乗せし、法定寿命の四十年を超えて動かそうとしている」とけん制した。

続きは茨城県議選 村上元東海村長 「原発議論ない」 候補者応援で非難

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.