Skip to content


玄海原発:10月の火災 ケーブルコネクターの過負荷原因 via 毎日新聞

九州電力は8日、定期検査中の玄海原発3、 4号機(佐賀県玄海町)の原子炉補助建屋で10月に発生した火災について、室内の有害物質を取り除く「局所排気装置」の施工不良が原因とみられると発表し た。電気ケーブル同士を接続するコネクターの電流容量が小さく、過負荷で通電を繰り返したために発熱、発火したという。

1994年の3号機建設時に外部業者に製作を委託しており、20年にわたって過負荷の状態で運転していた。

(略)

九電が施工不良と判断した装置を製作した実験装置メーカー、ダルトン(東京)によると、九電以外の6原発にも類似した製品を納入しているという。ダルトンは今後、改修などを実施する方針。【寺田剛】

全文は玄海原発:10月の火災 ケーブルコネクターの過負荷原因 

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


6 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. pussy888 says

    https://pussy888vip.com/
    this is so nice. thank you for sharing

  2. nxcasino says

    ฉันชอบบทความนี้
    https://nx168th.com/

  3. 대구출장안마 says

    Thanks for post

  4. 서울출장안마 says

    Thanks for posting

  5. 부산출장안마 says

    Thanks for share

  6. 제주출장안마 says

    Thanks for sharing



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.