Skip to content


玄海原発:10月の火災 ケーブルコネクターの過負荷原因 via 毎日新聞

九州電力は8日、定期検査中の玄海原発3、 4号機(佐賀県玄海町)の原子炉補助建屋で10月に発生した火災について、室内の有害物質を取り除く「局所排気装置」の施工不良が原因とみられると発表し た。電気ケーブル同士を接続するコネクターの電流容量が小さく、過負荷で通電を繰り返したために発熱、発火したという。

1994年の3号機建設時に外部業者に製作を委託しており、20年にわたって過負荷の状態で運転していた。

(略)

九電が施工不良と判断した装置を製作した実験装置メーカー、ダルトン(東京)によると、九電以外の6原発にも類似した製品を納入しているという。ダルトンは今後、改修などを実施する方針。【寺田剛】

全文は玄海原発:10月の火災 ケーブルコネクターの過負荷原因 

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.