Skip to content


 原発賛否 知りたいのに via 中日新聞

◆浜岡地元 野党共闘も影?

静岡県内で唯一、民主党と維新の党が候補者を一本化し、自民前職に民主元職と共産新人が挑む3区は、中部電力 浜岡原発(御前崎市)を抱え、原発から半径三十一キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)に含まれる。二年前の前回選では、原発の賛否が大きな争点となった が、今回は選挙戦中盤になっても、論戦は盛り上がりに欠ける。争点化を避けたいという思惑も見え隠れし、せっかく実現した野党共闘も影を落とす形になって いる。

 「原発のお膝元だけに、有権者の関心は高いはずなのに」-。浜岡原発の近くに住む菊川市民らでつくる「浜岡原発はいらない・命を守る菊川市民の会」共同代表の北原勤さん(70)は、公示日の出陣式で原発再稼働の問題に言及しなかった二大政党の候補者にあきれ顔だ。

 「原発のお膝元だけに、有権者の関心は高いはずなのに」-。浜岡原発の近くに住む菊川市民らでつくる「浜岡原発はいらない・命を守る菊川市民の会」共同代表の北原勤さん(70)は、公示日の出陣式で原発再稼働の問題に言及しなかった二大政党の候補者にあきれ顔だ。

 菊川市が初めて今年実施した市民アンケートで、浜岡原発は「停止しておいた方が良い」の回答が全体の56%を占めたにもかかわらずだ。北原さんは「候補者は原発に対する率直な持論を訴え、有権者の審判を仰ぐべきだ」と批判する。

 前回選は、民主と自民、共産の三候補に加え、脱原発の急先鋒(せんぽう)として維新から鈴木望さん(65)が立ち、原発政策をめぐり舌戦を繰り広げた。

 今回聞こえてくるのは安倍政権の経済政策「アベノミクス」の是非ばかり。

 さらに、野党共闘で3区での立候補を譲り、比例代表東海ブロックから立つ予定だった維新前職の鈴木さんが、公示直前、九州ブロックに転出したのだ。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.