Skip to content


3年ぶりに見えた爆発の跡 福島第一1号機のカバー外す via 朝日新聞

東京電力は31日、福島第一原発1号機の原子炉建屋を覆うカバーの屋根パネルの一部を取り外した。

(略)

がれき撤去や燃料取り出しに向けた作業の一環。東電は10月22日にパネルに穴を開け、放射性物質を含む粉じんが舞わないよう飛散防止剤をまいてきた。取り外しは、その効果の確認が目的だ。今回は1枚を外し、1週間後をめどにもう1枚外す。今月中には再び屋根を閉じ、本格的なカバー解体作業は来春に始める。

全文は3年ぶりに見えた爆発の跡 福島第一1号機のカバー外す

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.