Skip to content


「原発ゼロ」「再稼働反対」 全国で230カ所に 事故から3年半 定例行動広がる via しんぶん赤旗

原発ゼロ、再稼働反対などを訴える全国の定例行動が、230カ所にのぼることが3日、本紙の調べでわかりました。このうち、100回を超えるところは約3 分の1の76カ所になっています。2011年3月11日の東日本大震災と福島第1原発事故から3年半。国民の行動は草の根でねばり強く続けられています。  (各地の行動)

本紙は各地方総局、都道府県記者のネットワークを通じて、毎月1回以上定例でとりくまれている抗議行動やデモ、宣伝活動を調べました。本紙が確認で きただけでも、沖縄県を除く46都道府県で行動が続けられています。原発事故が起きた福島県では13カ所の行動のうち100回を超えているのは7カ所と なっています。九州電力川内(せんだい)原発をかかえる鹿児島県では10カ所のうち6カ所が100回を超えています。

毎週あるいは月2回など「金曜日行動」として定着しているのは全体の約6割にあたる135カ所。原発事故が起きたのが3月11日だったことから毎月11日におこなわれている行動もあります。

2012年3月29日に首都圏反原発連合が首相官邸前抗議行動を開始。その直後から大阪、名古屋、京都、北海道などで金曜日行動が始まりました。

続きは 「原発ゼロ」「再稼働反対」 全国で230カ所に 事故から3年半 定例行動広がる

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.