原発事故で生物影響の恐れ via カナコロ

【ワシントン共同】東京電力福島第1原発事故に伴って放出された放射性物質が、周辺の鳥類や昆虫に遺伝子異常を引き起こしている可能性があるとする論文を、日本や米国の研究者が14日、米専門誌ジャーナル・オブ・へレディティーに発表した。

米サウスカロライナ大のティモシー・ムソー教授は、1986年のチェルノブイリ原発事故後に周辺でツバメの羽毛に白い斑点ができる異常が見つかったと指 摘。福島でも白斑のあるツバメが見つかった (以下略)

続きは原発事故で生物影響の恐れ

当サイト既出関連記事:Timothy A. Mousseau and Anders P. Møller: Genetic and Ecological Studies of Animals in Chernobyl and Fukushima via The Journal of Heredity

 

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.