Daily Archives: 2014/08/26

中間貯蔵、福島県が容認 来年搬入ヤマ場越す via 河北新報

国は福島側の要望を受け今月、施設使用開始から30年間で総額3010億円の交付金を拠出することや、用地の賃貸者も認める方針を打ち出した。最後の大きな課題で、5~6月に国が開いた住民説明会で最も多かった用地補償額への不満を、国に代わって県が補った形だ。 […] 中間貯蔵施設の候補地の面積は大熊町で町全体の14%、双葉町で10%を占める。人口でみると、両町の20%が30年間、古里の土を踏めなくなるだけに、両町は受け入れの判断は慎重に下す考えで、特に地権者の意向を尊重する姿勢を示す。  地権者の用地補償額への関心は高い。このため両町は議会などとの協議を経て、是非の最終判断に先立ち、国の地権者向け用地説明会を認める可能性もある。  ある町幹部は、9月3日に予定される内閣改造や10月9日告示の知事選などの政治日程に影響されていることに不満を示しながらも「中間貯蔵施設は必要な施設。ここでご破算にできる状況ではない」と指摘。「地権者の心情を考えると、中ぶらりんのままではいられない。カードが全て切られた以上、満額でなくても、ある程度の判断が必要な時期が迫っている」と話した。 […]  一方で、両町長とも受け入れの判断に関しては「まだその状況ではない」(伊沢町長)などと述べ、町議会全員協議会と行政区長会議の反応を見てから行うとの姿勢を崩さなかった。 もっと読む。

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

Nuclear Regulatory Commission Vote on Radioactive Waste from Nuclear Power: No Need to Consider Local Environmental Threats of Mounting Radioactive Waste Stockpiles When Licensing More Waste Production via NIRS

Washington, DC – A fast-tracked vote by the four Nuclear Regulatory Commission (NRC) Commissioners will allow resumption of licensing and relicensing of nuclear power reactors which make long-lasting deadly radioactive waste, reaffirming their denial that nuclear waste threatens this and … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , | 5 Comments

Cause of New Mexico nuclear waste accident remains a mystery via Los Angels Times

Experts still haven’t unraveled how an accident contaminated the nation’s only dump for nuclear weapons waste Nuclear waste accident in New Mexico was a ‘horrific comedy of errors’ Preliminary investigation finds more than 30 safety lapses at New Mexico nuclear … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

Senior nuclear expert urges regulators to shut down California’s last plant via The Guardian

In confidential report, lead inspector said NRC must determine whether Diablo Canyon’s twin reactors are ‘seismically safe’ A senior federal nuclear expert is urging regulators to shut down California’s last operating nuclear plant until they can determine whether the facility’s … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , , , | Leave a comment

In a first, Japanese court rules that nuclear plant operator is liable for suicide via The Washington Post

TOKYO — A court in Fukushima has ruled that Tokyo Electric Power Co., the Japanese nuclear power plant operator, can be held responsible for the suicide of a woman who became depressed after the 2011 disaster. The court ordered Tepco … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

避難者訴訟 福島地裁、自殺と原発事故との因果関係を認める判決 via FNN News

(抜粋) 26日、亡き妻の遺影を手に福島地方裁判所に入った、渡邉幹夫さん(64)。 渡邉さんの妻・はま子さんは、3年前の7月、自ら命を絶った。 渡邉さんは、幼なじみのはま子さんと、1973年に結婚。 福島・川俣町の家で暮らしていた。 3人の子どもが独立し、これから趣味の旅行を夫婦で楽しもうとしていた矢先に、福島第1原発の事故が起きた。 2012年、渡邉さんは「なんせ話は、もう話はしなくなって。ちょっとすると、泣きじゃくって。女房のこういう弱さを気づいて、もっと強い言葉をかけてやれば良かったんだと。自分もそういう立場だったんで、気づかなかった」と語っていた。 渡邉さんの自宅がある川俣町の山木屋地区は、放射線量が高く、川俣町で唯一、計画的避難地域に指定された。 住み慣れた自宅を出て、避難所やアパートを点々とする中、明るく社交的だったはま子さんが、急にふさぎこむようになったという。 そんな妻を元気づけようと、渡邉さんは、一度自宅に帰ろうと提案した。 2012年、渡邉さんは「(妻に)すごく喜ばれて、『早く行くべ、早く行くべ』って。こっちに戻ってくるのが、すごく楽しみだったようです」と語っていた。 自宅に帰った夜は、大好きだったという庭が見える廊下で夕食をとった。 その時、はま子さんは「帰りたくない」とつぶやき、渡邉さんの腕をつかみ、離さなかったという。 翌日、はま子さんは、自宅近くで焼身自殺した。 2012年5月、渡邉さんは、原発事故による避難生活が、妻を死に追いやったとして、東京電力に対し、およそ9,000万円の損害賠償を求めて提訴した。 東京電力側は、原発事故との因果関係は証明できないと、争う姿勢を示した。 (略) そして迎えた注目の判決。 福島地裁は、はま子さんの自殺と原発事故との因果関係を認め、東京電力におよそ4,900万円の支払いを命じた。 裁判長は「家族や地域住民とのつながりをも失い、大きな喪失感をもたらした。ストレスは非常に強いものであった」とした。 この判決が伝えられると、支援者から拍手と歓声が上がった。 判決を受け、渡邉さんは「涙が出て、止まらなかった。(妻・はま子さんに伝える言葉は?)良かったね。本当に、裁判やって良かったねと言いたい」と話した。 原発事故が自殺の原因だとして遺族が訴えた裁判で、賠償を命じる判決が出されたのは初めてのこと。 東京電力は、「判決の内容を精査したうえで、引き続き真摯(しんし)に対応してまいります」などとするコメントを出した。 全文は避難者訴訟 福島地裁、自殺と原発事故との因果関係を認める判決

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment