Daily Archives: 2014/04/28

日仏、高速炉研究を推進…仏計画に日本技術協力 via Yomiuri online

(抜粋) 合意文書は、高レベル放射性廃棄物を減らすことに主眼を置いたフランスの高速炉開発計画に、日本が技術協力することが柱だ。共同研究では、日本の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県)による試験が求められており、政府は運転再開に向けた準備を本格化させる。  合意文書は、文部科学省、資源エネルギー庁、フランスの原子力・代替エネルギー庁の日仏3省庁の代表者が署名する予定。5月5日に予定される首相とオランド仏大統領の首脳会談でも合意文書を再確認する運びだ。首相は4月29日から、フランスをはじめ、ドイツ、英国、ベルギーなど欧州6か国を歴訪するため、羽田空港から政府専用機で出発する。 全文は日仏、高速炉研究を推進…仏計画に日本技術協力(要有料登録)

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

Japanese Artist Uses Radiation’s Effects to Show Contamination Spread via NTD.TV

In the aftermath of Japan’s Fukushima nuclear disaster, one Japanese artist decided to show the invisible aftermath in a more potent way and paired up with a university professor to help print out the contamination that is normally unseen to … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 1 Comment

Forced to Flee Radiation, Fearful Japanese Villagers Are Reluctant to Return via The New York Times

MIYAKOJI, Japan — Ever since they were forced to evacuate during the accident at the Fukushima Daiichi nuclear plant three years ago, Kim Eunja and her husband have refused to return to their hilltop home amid the majestic mountains of … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

(耕論)廃炉の現実 山名元さん、佐藤暁さん、竜田一人さん via 朝日新聞

(抜粋) ■世界の声聞く気はあるか 元原子炉メーカー技術者・佐藤暁さん 福島第一原発の廃炉は、対症療法をつぎはぎして進めてきたと言わざるをえません。原子炉の冷却システムは仮設のホースに頼り、汚染水の浄化も初期にはセシウムだけしか除去できない装置だった。今後も廃炉工程表のスケジュールは遅れ、コストは想定を上回ると思います。 この状況は、震災前から見られた原子力業界の体質を反映しているのではないか。核燃料サイクル路線は1960年代からうたわれているのに、使用済み核燃料再処理工場(青森県)も高速増殖原型炉もんじゅ(福井県)もいまだにきちんと稼働できていない。計画が遅れるほど原子炉メーカーの仕事が増えるおかしな世界。福島第一原発にも同じようなものを感じます。 福島第一原発で進めようとしている冠水方式は、米スリーマイル島(TMI)原発でも採用されたオーソドックスな手法です。しかし原子炉で溶けた燃料にたどり着くまでの距離はTMIより長く、量も多い。格納容器の鋼板は薄く溶接だらけで、腐食も心配です。原子炉建屋5階の高さまで水を蓄え続けるには強度が乏しく、この選択肢は早く捨てたほうがいい。冠水に成功したとしても、溶けた燃料を取り出す前に多くの炉内構造物を取り除かねばなりません。 格納容器の外面と、それを覆うコンクリートの壁の間には隙間があります。私はここを通り道にした「空冷方式」を提案したい。地下に放射線を防ぐ遠隔操作室をつくり、溶けた燃料を取り出して粉砕する。それを海外の使用済み燃料と同じように「乾式キャスク」という容器に入れて現地に保管するのです。 国は溶けた燃料の取り出し方を国内外から公募していると言いますが、やり方に問題があります。東電はさまざまな情報を公開しているとはいえ、この目的のために、福島第一原発に 関する必要な情報を海外向けにまとめて紹介しているわけではない。膨大で断片的な日本語の情報を読み解いてまで関心を寄せる応募者は、相当限られるでしょ う。世界に呼びかけているという国内向けのポーズではないかと疑われています。もっとわかりやすく情報をまとめ、積極的に扉を開けば、より多くの技術提案 が出てくるはずです (略) ■再稼働し「職人」絶やすな 漫画家・竜田一人さん 東京電力福島第一原発、通称「いちえふ(1F)」での作業の実態を描いた漫画「いちえふ」を昨秋から雑誌で連載中です。2012年6~12月に自ら1Fの現場で働いた体験を、ありのままに描いています。 もともと福島県には何の縁もありません。「3・11」の後、被災地のために何かできないかと仕事を探していたところ、1Fで作業員を募集しているのを知り、好奇心とちょっぴりの義侠(ぎきょう)心から行こうと決めました。 放射線の不安ですか? 自分なりに情報を集め、身体への影響も現状なら心配ないと納得して行ったので、特になかったですね。現場には随所に線量の 掲示板があるし、高線量の場所にいくと線量計がピーピー鳴る。それらをもとにきちんと把握して作業すれば、むやみに恐れる必要はないと感じました。 防護服での作業はきついし、放射線以外にも様々な危険がある過酷な職場ですが、技術者や作業員のおっさんはみな、カッコよかった。溶接や配管の熟練の技。重機を遠隔操作しての見事ながれき処理。プロの仕事って感じで、あこがれました。 ただ、40年かかると言われる廃炉完了まで、こうした「原発職人」を確保し続けられるかと考えると、不安です。最大の障壁は被曝(ひばく)線量の制限でしょう。 1Fで働く人の多くは、年間20ミリシーベルトの放射線を浴びると、もう現場には行けない。私が半年で1Fを出ざるをえなくなったのも、そのためです。 1年ごとにリセットされるので、年度が替わるとまた働けますが、実働時間はかなり限られる。職人たちの技術を生かしきれないうえ、後継者を育成する時間も足りません。1Fの中だけで技術者や作業員の技量を維持するのは、無理なんです。 いま日本の原発は全部止まっていますが、私は原発作業の技量と人員を確保するために、当面、安全な原発の再稼働は必要だと感じています。 全文は(耕論)廃炉の現実 山名元さん、佐藤暁さん、竜田一人さん

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , | Leave a comment

[動画]イラクから教育へ

Posted in *日本語 | Tagged , , | Leave a comment

Chernobyl: Capping a Catastrophe via The New York Times

Against the decaying skyline here, a one-of-a-kind engineering project is rising near the remains of the world’s worst civilian nuclear disaster. An army of workers, shielded from radiation by thick concrete slabs, is constructing a huge arch, sheathed in acres … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | 2 Comments

台湾:原発建設反対デモ 警察当局、放水で強制排除 via 毎日新聞

(抜粋) 参加者は一時5万人(主催者発表)に達した。28日未明になっても約4000人が路上占拠を続けたため、警察当局は放水するなどしてデモ隊を強制排除した。 台湾では、同原発建設停止を訴える民進党元主席で民主活動家の林義雄氏(72)が22日から無期限のハンストを始めた。これに呼応して反原発運動が再び活発化。事態の収拾に追われた馬英九政権は27日、住民投票で賛同が得られるまで同原発建設凍結を発表した。 全文は台湾:原発建設反対デモ 警察当局、放水で強制排除 当サイト既出関連記事: 馬政権、原発建設停止を表明=市民数万人デモ-台湾 via 時事ドットコム 台湾、第4原発の住民投票先送り via 日本経済新聞

Posted in *日本語 | Tagged , , , | Leave a comment

Nuclear Industry Front Groups – Nuclear Matters And Center For Climate And Energy Solutions – Urged To Come Clean On Funding via Yahoo News

Nuclear Matters Failing to Disclose Exelon as Primary Funder; C2ES Misleads by Not Mentioning Heavy Utility Industry Funding in 4/28 Nat’l Press Club Briefing Announcement WASHINGTON, April 28, 2014 /PRNewswire/ — Two organizations that inexplicably are getting a pass from most … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , , | Leave a comment

Nuclear Industry Gains Carbon-Focused Allies in Push to Save Reactors via The New York Times

Environmentalists and the nuclear industry are beginning a push to preserve old nuclear reactors whose economic viability is threatened by cheap natural gas and rising production of wind energy. They argue that while natural gas and wind are helpful as … Continue reading

Posted in *English | Tagged , , | Leave a comment

「美味しんぼ」に「風評被害を招く」と批判 スピリッツ編集部がコメント via ねとらぼ

「綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載させていただきました」と編集部。 (略) 作中では主人公らが鼻血を出したり疲労感を覚えたという描写があり、双葉町元町長の井戸川克隆氏も登場して同様の症状があるとして「福島では同じ症状の 人が大勢いますよ。言わないだけです」と語った。作中では医師が「放射線と鼻血を関連づける医学的知見はありません」と語る場面があり、両者を直接関連づ けてはいないものの、「福島に行くようなってからひどく疲れやすくなった」と登場人物が話すシーンなどがあり、不安をあおっているとも受け取れる描写が ネットユーザーから批判されている。批判の声はTogetterなどにまとめられている。 同誌の編集部は「鼻血や疲労感の表現は、綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載させていただきました」とコメントし、鼻血や疲労感が放射能の影響によるものと断定する意図はないと説明している。 全文は「美味しんぼ」に「風評被害を招く」と批判 スピリッツ編集部がコメント 関連記事:「福島取材で鼻血が止まらなくなった」 「美味しんぼ」雁屋哲インタビュー記事が物議 via J-Cast News (抜粋) 記者から現地の放射能被害について聞かれると、雁屋さんは、目に見えないのが怖いとして、自らの体験をこう語った。 「取材から帰って夕食を食べている時に、突然鼻血が出て止まらなくなったんです。なんだこれは、と。今までの人生で鼻血なんて出すことはほとんどなかったので驚きました。その後も夜になると鼻血が出るということが何日か続きました」 病院に行っても、放射能とは結び付けられないと言われたというが、雁屋さんは、さらに疑問を投げかける。「取材後にすごく疲労感を感じるよう になった」といい、同行スタッフや当時の福島県双葉町の町長も、鼻血や倦怠感に悩まされていたとした。現地の子供たちもだるさを訴えていたとし、「あの周 辺は人は住んではいけない所になってしまった」と漏らしている。 (略) 確かに、非常に高い放射線量を浴びると、被ばくの症状として、鼻血が出たり倦怠感に襲われたりするとは報じられている。福島民報の2012年4月 22日付記事によると、放射線医療の専門家は、500ミリシーベルトから1シーベルトの放射線を浴びると、このような「急性放射線症」の症状が出るとし た。しかし、福島の人たちはそれほどの放射線を浴びておらず、鼻血もそれが原因ではないとしている。 ただ、広島などの被爆者や原発作業員らには、こうした症状がみられると週刊誌などでは報じられている。極度の疲労や倦怠感を訴える症状は、「ぶらぶら病」と呼ばれているという。 雁屋さんは、今回のインタビューで「原発の敷地内にも入りましたが、すさまじい破壊でした」と明かしている。 当サイト既出関連記事:「美味しんぼ」原発問題に挑戦? 事故に揺れる福島県の食事情を描いて波紋 via J-CASTニュース 参考リンク: 「スピリッツ22・23合併号の『美味しんぼ』に関しまして」via 小学館コミックSpinet

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | Leave a comment