「埋設保管土壌の回収」公開 郡山で回収作業実証実験 via 福島民友

除染作業で住宅敷地などに埋設保管されている土壌の回収作業の実証実験が3日、郡山市で行われ、高圧吸引車を使い土壌を吸引、回収するシステムが関係者に公開された。同市の一般住宅の除染で発生した土壌の大半はフレコンバッグ(包み袋)に入れられた後、敷地内に一時的に埋設保管されている。中間貯蔵施設などに土壌を搬出するには掘り起こしての回収作業が必要になるが、住宅密集地などでは埋設場所に重機を入れて袋を引き上げることができないため、有効な回収方法が模索されている。

全文を読む。

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

1 Response to 「埋設保管土壌の回収」公開 郡山で回収作業実証実験 via 福島民友

  1. norma field says:

    この作業も大気に放射性物質を拡げるものではないかと思えてしまいます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.