原発賠償、時効過ぎても提訴可能に 特例法案が成立 via 朝日新聞

東京電力福島第一原発事故の被災者が、民法上の損害賠償請求権の時効(3年)を過ぎても提訴できるようにする特例法が29日、参院本会議で採決され、全会一致で可決、成立した。  原子力損害賠償紛争解決センター(原発ADR)に申し立てた東電との和解仲介が不調に終わった場合、時効が過ぎていても、1カ月以内であれば損害賠償請求訴訟を起こすことができるようになる。時効の懸念をなくし、原発ADRの利用を促す狙いがある

続きは原発賠償、時効過ぎても提訴可能に 特例法案が成立

当サイト既出関連記事:

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.