Skip to content


地下水 来週にも海放出 福島第1、建屋流入対策 via msn.産経ニュース

(抜粋)

計画的に敷地内の地下水を海に放出するのは、原発事故後初めてとなる。

第1原発では原子炉を冷やすため大量の水を注水しているが、これ以外に損傷した原子炉建屋に1日約400トンの地下水が流入し、汚染水として増え続けている。汚染水タンクの容量も逼迫(ひっぱく)し、対策が喫緊の課題となっている。

東電は損傷箇所の確認とともに、地下水が建屋に流れ込む前に、周辺に井戸を12本掘り、水をくみ上げる計画を策定。すでに4本が完成しており、残りの8本 も配管などの整備が終われば近く稼働が可能になる。12本が稼働すれば1日約100トンの地下水の流入が防げるという。

工事が完成した4つの井戸で、試験的に放射性物質濃度を測定したところ、いずれも検出限界値未満で、東電は「周辺の河川と変わらないレベル」と説明している。

全文は地下水 来週にも海放出 福島第1、建屋流入対策

当サイト関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    表題は「地下水」ではなく、「汚染水」と、はっきり書くべき。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.