Skip to content


放医研福医大に研究拠点 外部で初27年度にも 専門家や医師駐在 via 福島民報

(抜粋)

ふくしま国際医療科学センターの基本構想では、「先端臨床研究センター」の一環として同大と放医研が連携し、長期的な低線量被ばく調査、生態系における放 射性物質の動きと人体への影響などを調べる環境動態調査を実施する計画になっている。ただ、放医研が同大を研究拠点としてスタッフを常駐させるかは未定 だった。
同大関係者は「スタッフが現地に常駐すれば情報収集や分析が速まり、環境動態調査などが迅速化されるほか、国内で前例のない低線量被ばく調査の状況などについて県民に説明しやすい環境が整う」と期待している。
さらに、廃炉作業への対応などに伴い、同大が目指す3次被ばく医療機関相当の機能確保にも貢献する。同大は中程度の外部被ばく、軽度の内部被ばくの患者の 診療を担う2次被ばく医療機関で、重篤な外部・内部被ばく患者に対応する3次被ばく医療機関は国内に放医研と広島大しかない。同大は放医研の拠点を活用す ることで、3次被ばく医療機関相当の機能を発揮することが可能になるとしている。
具体的には、廃炉作業などの過程で高線量被ばくの傷病者が発生した場合に備えた診療態勢を構築し、被ばく全般の調査・研究に取り組むことを想定している。
研究に当たっては、今後10年の事業費として国の予算で約20億円を既に確保している。

全文は放医研福医大に研究拠点 外部で初27年度にも 専門家や医師駐在

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.