Skip to content


農薬、化学肥料と決別 有機農業家・詩人 星寛治さん(77) via 東京新聞

[...]
86年のチェルノブイリ事故後、星には「脱原発の思い」はあった。有機農業の集会や講演なので、話題が原発におよぶと脱原発を訴えたが、反応は芳しくなかった。「科学文明を否定する遅れた考え方と思われました。安全神話があったから、異端者として見られた。」
[...]
「日本人はエネルギーを確保しないと豊かになれない、という考えにからめとられている」と感じる。[...]「脱原発には脱成長が必要」と説く。

全文はこちら

関連記事 時代を駆ける:星寛治/1 「共生」で震災から再生を via 毎日新聞

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.